高等教育に関する質保証関係用語集 Glossary of Quality Assurance in Japanese Higher Education

用語集 職業実践専門課程

職業実践専門課程 Professional Post-secondary Course

文部科学大臣の認定を受けて、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的に、専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行う専修学校の専門課程。文部科学大臣が認定して奨励することにより、専修学校の専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的としている。企業と連携して、実習、実技、実験又は演習の授業を行っていることが認定の要件の一つになっている。2013年8月に関連規定が導入された。
なお、職業実践専門課程に相当する内容を大学において実施するための仕組みとして、社会人の学び直しを推進するため、文部科学大臣が大学・大学院・短期大学・高等専門学校における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム(BP)」として認定する制度が2015年に導入された。

Professional Post-secondary Course 職業実践専門課程

A professional post-secondary course is offered by a specialized training college certified by the Minister and provide systematic education in knowledge, techniques and skills for the purpose of fostering the practical and specialist abilities required for an occupation.
The Minister certifies this type of courses particularly to maintain and improve the standard for vocational education offered by specialized training colleges. One of the requirements for certification is that classes involving experiments or other practice-based learning are delivered in partnership with companies. The relevant provisions were introduced in August 2013.
2015 saw the introduction of the Brush up Program for professional?a system under which the Minister certifies practical and professional programs tailored to the needs of companies and working adults offered by universities, graduate schools, junior colleges and colleges of technology?as a mechanism for delivering content equivalent to professional post-secondary courses at universities, in order to promote further study to students who are employed.

関係法令 Related laws and regulations

平成25年文部科学省告示第133号(専修学校の専門課程における職業実践専門課程の認定に関する規程)、平成27年文部科学省告示第124号(大学等における職業実践力育成プログラムの認定に関する規程)

関連用語 Related items

作成日 Published date

2021/08/03
文字列検索