高等教育に関する質保証関係用語集 Glossary of Quality Assurance in Japanese Higher Education

用語集 「キャンパス・アジア」モニタリング

「キャンパス・アジア」モニタリング CAMPUS Asia Monitoring

「キャンパス・アジア」(”CAMPUS Asia”)とは日本、中国及び韓国の3か国政府が共同して大学間の質の保証を伴う交流を拡大し、学生や教員の留学・移動を活発にして人材育成を促進する構想。2009年10月の第2回日中韓サミットでの提案に基づき、2010年4月に「日中韓大学間交流・連携推進会議」が発足し、「キャンパス・アジア」の取組みが始まった。日中韓3か国の大学間で1つのコンソーシアムを形成し、双方向の学生交流を基本的な枠組みとした交流プログラムを実施する。2011年から2015年にかけて、10件がパイロットプログラムとして実施され、さらに2016年から2020年には本格実施段階として、17件のプログラムが実施された。
モニタリングは教育の質の観点から、モニタリング基準に沿って優良事例を抽出し、国内外に広く発信することで、国際的な大学間交流プログラムの質の保証・向上に寄与することを目的とし、日中韓の3つの質保証機関※が「キャンパス・アジア」プログラムに対して共同で実施する質保証活動である。パイロットプログラムに対しては、2度(2013年、2015年)のモニタリングが実施され、その結果は優良事例集として公表されており、さらに「キャンパス・アジア」プログラムに対する質保証の基準、体制、方法をまとめたガイドラインの策定につながっている。また、本格実施段階のプログラムを対象とする3次モニタリング(通称:モニタリング+[プラス])は、上記ガイドラインに基づき2018年から2019年にかけて実施され、その結果は共同モニタリング報告書として公表されている。
※日本:大学改革支援・学位授与機構
 中国:教育部高等教育教学評価センター(HEEC)
 韓国:韓国大学教育協議会(KCUE)

CAMPUS Asia Monitoring 「キャンパス・アジア」モニタリング

CAMPUS Asia is a joint program operated by the governments of Japan, China and Korea that seeks to expand inter-university exchange with quality assurance to revitalize study abroad and the mobility of students and academic staff, promoting human resource development. The CAMPUS Asia initiative began in April 2010 with the launch of the Japan-China-Korea Committee for Promoting Exchange and Cooperation among Universities, based on a proposal made at the Second Japan-China-Korea Trilateral Summit in October 2009. Universities from the three countries could form a consortium and implement exchange programs with a basic framework centered on two-way student exchange. A total of 10 pilot programs were conducted between 2011 and 2015, with the number of programs increased to 17 since the initiative reached the full-scale implementation phase between 2016 and 2020.
Monitoring is a quality assurance activity focused on the CAMPUS Asia Program undertaken jointly by quality assurance agencies* in Japan, China, and Korea, with the aim of contributing to quality assurance and improvement of international inter-university exchange programs by identifying examples of good practice from the perspective of quality in education, in accordance with the monitoring standards, and publicizing them widely at home and abroad. Monitoring of the pilot programs was carried out twice (in 2013 and 2015) and the results were published as A Collection of Good Practices; this subsequently led to the formulation of guidelines summarizing the quality assurance standards, frameworks and methods for the CAMPUS Asia Program. A third round of monitoring (Monitoring+) was carried out between 2018 and 2019 in respect of the programs in the full-scale implementation phase, based on the aforementioned guidelines, and the results have been published as a joint monitoring report.
*Japan: National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education (NIAD-QE)
China: Higher Education Evaluation Center of the Ministry of Education (HEEC)
Korea: Korean Council for University Education (KCUE)

作成日 Published date

2021/08/03
文字列検索